【体を柔らかくする】メリットと方法

query_builder 2021/10/10
スタイルアップ
前屈

【体を柔らかくする】メリットと方法



あなたの体は柔らかいですか?

柔らかくしたいと思いますか?


そもそも、

体は柔らかい方が良いと言われる理由とは何でしょう?



実は、体は柔らかい方が、ダイエットにおいても、老け見えを防ぐ等の美容面においても、健康面においてもメリットがとても多いのです。


また、

体の硬さと血管の硬さは比例することがわかっています。



今回は、体を柔らかくするメリットと、無理なく出来る方法をお話します。


 《筆者》美村多栄       

 華プロジェクト/大阪

 ダンスアート・エモーション主宰

スタイルアップアドバイザー、リンパセラピスト、

ウォーキングアドバイザー、ダンス講師

整形外科にてリハビリストレッチ指導の他、

芸能事務所、モデルスクール等の指導歴約35年

前屈

 体を柔らかくするメリット 


若い時は体が柔らかくても、年々筋肉の収縮性が落ちるため、体は徐々に硬くなっていきます。

体が硬くなると、可動域が狭くなります。


反対に、体が柔らかくなる事により、次のようなメリットがあります。



ダイエットにおけるメリット

・筋肉の収縮がスムーズになり、脂肪燃焼度合いが多くなる

・血流が良くなる事で老廃物が排出され、むくみにくい


美容面におけるメリット

・血流が良くなる事で、ターンオーバーがスムーズに行え、たるみ、シミ、シワになりにくい

・血管の収縮もスムーズになる事で、肌の質、ハリが良くなる



健康面におけるメリット

・筋肉を動かす可動域が広くなり、肉離れなど筋肉を痛めにくい

・関節の可動域が広くなり、加齢による軟骨の減りが少なくなり、変形性関節症の予防に繋がる

・筋肉の収縮がスムーズにいくことで、腰痛の改善に繋がる

・血流が良くなる事で、肩こり改善に繋がる・副交感神経が優位になり、血圧を下げる効果がある

ストレッチ

では、体を柔らかくするには、どんな方法があるのでしょうか?


 体を柔らかくする方法 


・筋肉を伸ばすストレッチ

・器具等を使った筋肉ほぐし


前屈

 筋肉を伸ばすストレッチ 

伸ばしたい筋肉を息を吐きながらゆっくり伸ばす。


《 脇伸ばし 》

・両腕を上で組み、ゆっくり左右に伸ばす

・手を前で組んで背中を伸ばしたり、後ろで組んで胸を伸ばす


《 ヒザ裏、ふくらはぎ伸ばし 》

・まず床に両膝をつき、伸ばしたい方の足を体の前に出し、かかとを床に付け、膝を下に押す


《 太もも伸ばし 》

仰向けになり、伸ばしたい太ももの膝を曲げ、かかとをお尻の横に置く

※腰が浮かないよう気を付ける

出来ない場合は曲げた方のかかとを餅ながら横を向く

(右足を曲げた場合は左側を向く)

腕伸ばし

器具等を使った筋肉ほぐし

ローラータイプの器具や、丸めたバスタオル、ゴルフボール等を使用する。


《 脇ほぐし 》

・床に横になり、脇の下にローラーや丸めたバスタオルを置き、体重をかける

時々、少し前や後ろに体を倒す


《 ヒザ裏、ふくらはぎほぐし 》

ローラー等を


《 太ももほぐし 》

腹ばいになり、太ももの下にローラーを置いて、体を左右に動かす

NEW

  • 【疲れが取れない】原因と対処法

    query_builder 2021/10/27
  • 【ぽっこりお腹の原因】骨盤の傾き

    query_builder 2021/10/17
  • 【体を柔らかくする】メリットと方法

    query_builder 2021/10/10
  • 【睡眠負債を解消するには…】痩せない原因は睡眠負債かもしれません

    query_builder 2021/10/05
  • 【見た目年齢が若い人の特徴】見た目年齢と血管年齢は比例する

    query_builder 2021/09/30

CATEGORY

ARCHIVE