【脂肪燃焼のメカニズムとは…】実感したプロが教える引き締め法

query_builder 2021/09/20
ダイエット
人

【脂肪燃焼のメカニズムとは…】

実感したプロが教える引き締め法



ダイエットって特に女性にとっては永遠のテーマですよね。

誰が見ても「痩せている」と思う人でも「痩せたい!」と言うのですから。


ただ体重を落としたいのではなく、本当は

「部分的に気になる箇所の脂肪燃焼をしたい!」

のではないですか?



私もそうでした。


だから、食べる量を減らしても、スポーツで息が上がるくらい激しい運動をしても、大量の汗をかくぐらい長時間運動しても、やっぱり

「まだまだ痩せたい!」

と思っていました。


それは、「自分が描いているスタイル」、「満足いくスタイル」ではなかったからなのです。


もちろん、食べる量が多いのなら減らさないといけませんし、食事内容も見直す必要があります。


そして、引き締めたいなら筋肉が必要です。

その為には、ある程度の運動や栄養素も必要になります。


でも、それでもなかなか「気になる箇所の脂肪燃焼が出来ない」のは、なぜだと思いますか?

お腹


それは、


筋肉の収縮がうまく出来ていないからなのです。


今回は、「脂肪燃焼のメカニズムについて」お話します。



  【筆者】美村多栄  

ダンスアート・エモーション主宰

華プロジェクト/大阪

スタイルアップアドバイザー、ウォーキングアドバイザー、

リンパセラピスト、ダンス講師

整形外科にてリハビリストレッチ指導の他、

芸能事務所やモデルスクール等の指導歴約35年



  脂肪燃焼のメカニズム  


脂肪は、筋肉の収縮により燃焼され、老廃物が血管に回収されます。


その為、いくら筋肉量を増やしても、筋肉の収縮がうまく出来ていないと血流は滞るので、老廃物はむくみとなって体を冷やし、脂肪がつきやすくなってしまいます。


また、脂肪も体を冷やすので、新たな脂肪の蓄積を生み、本来排出すべきむくみの原因でもある老廃物は体を酸化、すなわち老化してしまうのです。



筋肉の収縮がうまく出来ない理由として、次のことが考えられます。


  筋肉の収縮がうまく出来ない理由  

・同じ姿勢を続ける等により、使わない筋肉が硬くなる

・激しい運動、また仕事や家事等、日常生活で使っている筋肉が疲労し硬くなる



次に、硬くなった筋肉をほぐし方をお話します。

足

  硬くなった筋肉のほぐし方  

・体を温めてから、硬くなった部分に手の平を当て、体重をかけながらゆっくり押す

(手だけで押さず、手の平に体重を乗せると、楽に力が加わります)

・体を温めてからすとれちをする

・38~40度のぬるま湯に、約10~15分間ゆっくり浸かって、血流を良くする

・筋肉を振って緩める

・質の良い睡眠をとる



硬くなった筋肉をほぐし、筋肉の収縮を正常に戻すことで、脂肪燃焼効果を高めましょう!


お腹

NEW

  • 【疲れが取れない】原因と対処法

    query_builder 2021/10/27
  • 【ぽっこりお腹の原因】骨盤の傾き

    query_builder 2021/10/17
  • 【体を柔らかくする】メリットと方法

    query_builder 2021/10/10
  • 【睡眠負債を解消するには…】痩せない原因は睡眠負債かもしれません

    query_builder 2021/10/05
  • 【見た目年齢が若い人の特徴】見た目年齢と血管年齢は比例する

    query_builder 2021/09/30

CATEGORY

ARCHIVE