乾燥肌を改善するために、入浴の仕方を見直してみませんか? 華プロジェクト 大阪

query_builder 2021/05/08
健康
猿の入浴

乾燥肌でお悩みの方なら、改善するために、色んなクリーム等を試しておられるかもしれませんが、


もしかしたら、間違った入浴の仕方が原因かもしれません。


あなたは正しい入浴の仕方をご存知ですか?


「そんなこと、気にしたことがない。

体を洗って湯船に浸かれば良いのでしょう?

皆、一緒じゃないの?」


いえいえ、それがそうではないのです。

もしかしたら乾燥肌やシワの原因は、間違った入浴の仕方かもしれません。



入浴の仕方にまでこだわらないといけないなんて、面倒に思うかもしれません。


「片付けが残っている。」

「早く寝たい。」

「仕事で疲れているのに……」


その気持ちはとてもよくわかります。

私も、入れば気持ちの良いお風呂なのに、

「入らないで寝ようかな」

と、葛藤する日もありますもの。(^^;)


でも、いざ入浴すると、やっぱり体だけでなく気持ちもスッキリします。


それに、毎日入浴するからこそ、正しい入浴の仕方を心掛けないと、あとあと大きな差がでてしまいます。



乾燥肌を改善するための入浴の仕方を分けてお話します。


・顔の洗い方

・体の洗い方

・頭の洗い方

・湯船の浸かり方

・濡れた体の拭き方


石鹸


<顔の洗い方>

まずは顔をぬるま湯で洗います。

その時、なるべく手が顔に触れないよう気をつけましょう。

ゴシゴシ洗うと肌が傷つき、肌荒れや乾燥肌、シワの原因になります。


次に洗顔クリームですが、洗顔石鹸を使っている場合、まずは泡立てネットでソフトクリームくらい細かい泡を作りましょう。


顔の皮膚は体よりも敏感ですので、石鹸はボディ用ではなく洗顔用石鹸をお使い下さい。


最初から泡で出てくるタイプの洗顔クリームもありますので、それを使うのも良いでしょう。


泡

最初にぬるま湯で顔を濡らす時と同様、手は顔に触れないよう泡で洗います。


洗う時、頬を多く洗いがちですが、頬や特に目の下の皮膚はとても薄いので、洗いすぎるとクマやシワの原因になります。


ですので、頬は軽く洗い、おでこや鼻、あごを重点的に洗いましょう。

もちろんその場合も、手が顔に触れないよう泡で優しく洗います。

洗顔

洗い流す時もぬるま湯で、ゴシゴシこすらず、優しく洗い流しましょう。


毛穴が引き締まるかも……と、冬でも冷たい水で洗う方がいますが、それは間違いです。


冷たい水で洗っても毛穴は引き締まりませんし、かえって肌の血流が悪くなります。


かといって熱いお湯で洗うと、肌に必要な皮脂まで剥がれて、肌の水分が蒸発し乾燥肌の原因にもなりますので、必ずぬるま湯で洗いましょう。




<体の洗い方>

次に体の洗い方ですが、顔と同じように石鹸もしくはボディーソープを泡立てネットで、よく泡立ててから洗います。


こちらも泡で出てくるタイプのボディソープがありますので、それを使うのも良いでしょう。


念入りに洗うのは、耳の後ろ、ワキ、背中、デリケートゾーン、足の裏だけです。

他の場所は、ボディーソープで洗う必要もないくらいです。

本当に軽めに洗いましょう。


タオルでゴシゴシ洗うと、肌に傷がつきやすく、そこに石鹸をすり込んでいるのと同じことになりますので、乾燥肌になりやすくなります。


だからといって背中は洗いにくいので、タオルで洗いたいところですが、乾燥肌の原因を作らないためにも、体も顔と同じく泡で優しく洗うのがベストです。


「でも、肩が硬くて背中に手が届かない。」

と思われる方は、刺激の少ない柔らかいタオルで洗うことをオススメします。



肩周りのエクササイズと思って、出来る所までと手を伸ばして洗っているうちに、もしかしたら肩周りが柔らかくなり、手が届くようになるかもしれません。


足先


<頭の洗い方>

頭は、まず1分間シャワーで洗い流します。

髪の汚れはほとんどこれで取ることが出来ます。


それから、シャンプーを良く泡立ててから頭皮を中心に、爪を立てないよう指の腹でマッサージするように洗います。


シャンプーを頭につけて、頭で泡立てながら洗う方がいますが、毛穴の詰まりの原因になります。


毛穴が詰まれば、ニオイの原因になりますし、髪が細くなったり、抜け毛の原因にもなります。


頭皮は、襟足から段々上へ、そして髪の生え際と洗います。


痒くなりがちな後頭部を中心に洗いがちですが、頭皮の臭いの原因になる場所は、耳の後ろやその周辺です。


そこもしっかり洗いましょう。


洗髪

シャンプーが頭皮に残っていると、乾燥して頭皮が荒れ、フケの原因にもなります。


洗い流す時、1分間くらいはシャワーでしっかりと洗い流しましょう。



<湯船の浸かり方>

お湯の温度は、40度以上にならないよう気を付けましょう。


熱いお湯は、交感神経が働いて眠りが浅くなりますし、体の水分の蒸発を防いでいる皮脂が剥がれ、乾燥肌の原因になります。


長風呂も乾燥肌の原因になります。

15分以上浸からないようにしましょう。


浸かる時、肩が出ていると肩周りが冷えて肩の筋肉がほぐれないので、首までしっかり浸かります。


しばらく浸かった後、湯船の中で片方ずつ肩をゆっくり動かすと、肩のコリがほぐれます。


心臓の弱い方は、肩まで浸からない方がいいのですが、冬だと肩が冷えてしまいます。

その場合は乾いたタオルを肩にかけると、肩が冷えにくいです。



また、お湯には塩素が含まれています。

ですので、そのまま浸かると皮脂が剥がれ、これもまた乾燥肌の原因になります。


ですので、入浴剤を入れましょう。

ご自分の好きな香りの入浴剤は、気持ちもゆったりとして、自律神経のバランスも整い、良い眠りを促します。


良い眠りは美肌作りにも最適です。


血流を良くしたい場合や冷え症の方には、炭酸入りの入浴剤がオススメです。



入浴剤が切れてしまった場合は、誰かに先にお風呂に入ってもらいましょう。


その誰かの剥がれた皮脂で、お湯の塩素が抜け、肌の乾燥が防げます。


ただ、その誰かの肌は乾燥するかもしれませんが…


入浴剤



<濡れた体の拭き方>

体を拭く時は、軽くしずくを拭き取るくらいにしましょう。


ゴシゴシこするように拭くと、知らず知らずのうちにタオルの繊維で皮膚を傷つけ、乾燥肌やシワ、かゆみの原因になります。


もちろん、顔を拭く時も、タオルで顔を軽く抑える程度にします。


そのまますぐに、顔には化粧水、そして水分が蒸発しないよう乳液などをつけます。


体も同じくボディクリームをつけましょう。



以上です。


どうですか?

面倒に感じますか?


ただ、乾燥で出来たシワは、一度出来ると薄くなる事はあっても消えにくいものです。



最初は面倒に思うかもしれませんが、慣れてくるとそれが日常の生活習慣になります。



         華プロジェクト

      スタイルアップアドバイザー

            美村多栄


NEW

  • 習い事でのお月謝のマナーについて、講師の立場からお話します。 ダンスアート・エモーション 大阪

    query_builder 2021/06/14
  • ダンスアート・エモーション/大阪 ウォーキングスクール/普段の歩き方改善~プロ仕様まで 

    query_builder 2021/06/11
  • 小顔矯正をご自分で行う方法教えます!7/3(土)大阪にて『美肌&小顔エクササイズ講座』開催!

    query_builder 2021/06/10
  • 子供の習い事を先生に辞めるって言いづらい方に、先生の立場からお話します

    query_builder 2021/06/06
  • 野菜を長持ちさせる保存方法 PART2

    query_builder 2021/06/04

CATEGORY

ARCHIVE